熱交換器の特徴とスケール除去について

熱交換器は保有する異なる熱エネルギーを流体間の中で熱エネルギーを交換するための装置の総称です。
温度の高い物体から温度の低い物体に対して、効率的に熱移動を行う事で物体の加熱もしくは冷却を容易に行えるようになります。

熱交換器のスケールのサイトが登場しました。

例えば、生活の中で欠かせない存在でもあるエアコンも、熱交換器の仕組みを用いたもので、室外機で外気を取り込み、室内に設置してあるエアコン本体で冷気を作り出す、もしくは温風を出すなどの仕組みを持っています。

エアコンなどを使っていると冷気が弱くなる事もありますし、暖房として利用出来るエアコンなどの場合は、温度を上げても温かい風が出にくくなる事もあります。



熱交換器の粉塵、スケール、スライムなどについては熱交換効率が低下する要素、媒体の滴過量の低下などを招くなどからも、フィルターなどでの流体前処理が行われると言います。スケールやスライムなどの場合、スポンジボールやブラシなどを使っての洗浄、薬品を使って洗浄するなどできれいに汚れを落とす事が可能になり、エアコンなど熱交換器の効率を製造時と同じような状態に戻す事が出来ます。

尚、ボイラーや蒸気発生器、空気清浄器など様々な設備に熱交換ユニットが採用されており、スケール除去は設備の性能を維持する上で重要なポイントになります。
スケール洗浄を行う側のノズル部分に洗浄ユニットと配管を取り付ける、洗浄液を投入して水で希釈する、洗浄装置やポンプの電源を入れて一定時間循環させます。