熱交換器とは?メンテナンスの必要性

研究者や技術者の絶え間ない努力のもとに、科学技術はますます発展し続けています。


基本的な原理を応用して人々の生活を豊かにする為の機器などが作られているのです。人間が高い生活水準を誇っている理由の一つに熱のコントロールを可能にしていることが挙げられます。
生ものを冷却した状態で保管できる事によって鮮度を保つ事が可能です。


熱を加えることで調理の幅を広げたり、寒い季節の中でも身体を温めることも出来るのです。


熱交換器とは温度差のある2つの流体の間で熱エネルギーの移動と交換を行うことで、高温流体の冷却あるいは低温流体の加熱を行う装置のことを指し、その多くは交流装置の原理を用いられているのです。

一般的には金属壁などを介して熱交換を行うことが多く、その用途によって加熱器や予熱器、蒸発器や冷却器、凝結器などと呼ばれています。

目的に応じて熱交換器のメンテナンスに関するマニアックな情報をお届けします。

熱交換器という言葉ではなかなか聞き慣れないかもしれませんが、冷蔵庫やクーラー、車のラジエーターなど身近にあるこれらのものも熱交換器と言われるものになるのです。



人々の生活の至る所で活躍している熱交換器ですが、メンテナンスが行き届いていないと燃料費が高くなったり、しっかりと冷えない・暖まらないなどその機能自体が低下してしまう恐れもあるのです。
メンテナンスの必要性を考えてみると、何かしらの不具合が発生してから機器の修理や確認するのでは無く、定期的にメンテナンスを行って綺麗に洗浄や不具合の確認、調整を行っていると、以上の早期発見やその能力の回復、エネルギーのロスを抑制することも可能です。



無駄を省いて効率よく熱交換が生み出せる事がコストの削減にも繋がっていくのです。