熱交換器のメンテナンス

連続運転を続ける発電プラントでもメンテナンスに依る停止は必要なのです。

熱交換器のメンテナンスを利用してみる価値はありますよ。

停止期間の間に不具合個所の修理、点検を行い再び運転を再開し次の停止まで連続運転を続けるのです。

発電プラントの主要機器の一つである熱交換器に関しても同じような事が言えます。
どんな機械でも寿命があり、メンテナンスに依り寿命を延ばしていくのです。特に熱交換器は本体内部での高温部と低温部の熱落差は大きく損傷寸前のダメージが発生している可能性性も有ります。

従ってプラント停止時の点検は当然であり、不具合個所が万一見つかれば即手直し工事を行い次のプラント停止時までは連続運転を行います。メンテナンスの方法も長年の修理実績からマニュアル化されて居りスピーディーな対応ができ、ある程度の予備品を予め購入し揃える事で修理のスピードアップが可能なのです。

特に重要機器である熱交換器に関しては専門のスタッフを配置しフォローアップしています。更に納入メーカーから技術指導員や設計担当技術者にも協力をお願いしてアドバイスを貰いながら行われています。



これらのメンテナンス実績を記録する事で医者のカルテの様に修理実績が分かり素早い対応が可能になります。

これらの作業を積み重ねていく事で熱交換器のメンテナンス方法が確立して行き、会社の財産になるのです。



次回の定修工事に関してもこのマニュアルを参考にして早めの部品手配や作業員の確保が可能になり、結果としてコスト低減に寄与するのです。